ブログ

トップ > ブログ > 第1回コマーススクールを開催いたしました!
2018.11.09
オムニコア

第1回コマーススクールを開催いたしました!

11月7日(水)19:00より、第一回コマーススクールが開催されました!社外 の方にもご参加いただき、大盛況のうちに終了しました。

第1回は、「ECサイトにおけるブログについて」を議題として1時間強、語り合いました。内容を少しだけご紹介します。

【目次】
①第1部 「ECサイトでブログを書くこと」
②第2部 「ECサイトのブログに何を書くのか」
③まとめ

①第1部「ECサイトでブログを書くこと」

「世の中にブログサービスは150以上」

突然ですが、この数字に驚きませんか?ブログを書くサービスにはこれだけの数があり、日々新しいサービスが生まれては終了し、を繰り返しています。
これほどたくさんのサービスが提供されているブログですが、そもそもブログを書く意味はどこにあるのでしょう。

・アフィリエイト目的
・発言力を持ちたいから

参加者からはこのような声が上がりました。

さて、ECサイトにおけるブログの役割は主に3つあります。

1,認知度アップ(お店とブランドを認知してもらう)…お客さまに、お店とブランドの存在を伝える役割

2,理解度アップ(お店と商品を理解してもらう)…お客さまに、お店と商品についてより深く興味を持ち、理解してもらう役割

3,好感度アップ(お店のファンになってもらう)…お店とブランド、商品について知ってもらったお客さまに、お店のファンになってもらえるよう好感度をあげる役割

ブログの内容は、これらを意識したものにする必要があります。

「ECサイトにおけるブログの目的は?」

核心を付く質問です。答えは、顧客との関係(信用)づくりのため。詳細は後述しますが、ただ漫然ととりとめない雑記帳にならないよう、意識しておくべきポイントについて触れました。

ところで、「立ち上げ初期のECサイトには驚くほど人が来ません。」

理由は、そのお店のことを知っている人がいないから。世界中に公開されているインターネットですが、お店を開いても、認知度が低ければお客さまは訪れません。

コマーススクールにご参加いただいた方の中にも「驚くほど人が来ない」苦い経験をされた方々がいらっしゃいました。

お店を知ってもらうために、具体的には広告を出す、封筒や梱包材に店名などを印字する、実店舗がある場合は実店舗からネットショップへの流入を促す…などの方法があります。その中でもっとも安価に挑戦できる手法の1つが、ブログです。このようにブログには広告効果も期待できます。

②第2部「ECサイトのブログに何を書くのか」

いよいよ本題です。顧客との信頼関係を築けるようなブログにするには、どのような内容を書けば良いのか参加者から活発に質問が飛び交いました。

普通のブログとECのブログとの違いとは?という問いに、参加者一同口々に意見を述べます。

・商品について書く必要がある

・自分の意見はいらない

・客観的な意見を書く必要がある

もちろん、お店によって多少内容に差はありますが、おおむねECサイトのブログを書く際に心がけることとして

1,主観的な情報と客観的な情報を双方交える

2,丁寧な説明を心がける

3,商品のメリット・デメリットを明記する

この3点があげられました。

…。


とても基本的なことですよね?

基本に忠実に。テクニックは二の次。」、は、Pearがコンサルティングの柱として掲げているポリシーです。

実は思う以上に、この基本を飛ばしてテクニックを駆使しようとした結果、「ネタ切れ」「更新がおっくうになり、やめてしまう」といった本末転倒のEC店舗が多いのです。

Pearの提供するコンサルティングでは、店舗に合ったブログの内容や更新頻度、その他媒体を使ったお店の広報活動を全力でバックアップします。コマーススクールでは参加者からの質問に答えながら、全員でECに関する知識を深めることができました。

③まとめ

コマーススクール第一回は、聴衆参加型のわきあいあいとした雰囲気で開催されました。堅苦しい「勉強会」ではなく、気軽に各人が知識を持ち寄り、お互いに交換し、EC界隈を盛り上げていく、そんな思いに共感していただける方の参加を心よりお待ちしています。

次回の開催は11月28日(水)19:00~です。詳細は決定次第お知らせいたします。

即実践型のコマーススクールで、明日から使えるECノウハウを増やしていきましょう!!