インフォトップは情報商材を主に取り扱っているので、怪しいのではないか?詐欺なのではないか?という疑問を持っている人もいるでしょう。

私は2007年くらいからインフォトップを利用していますので、もうかれこれ13年くらいになります。
ここではインフォトップの実際の評判、実態に購入者という視点で迫りたいと思います。

特にインフォトップで取り扱っている商材を買ってみたいけど、不安がある、という方には参考になると思います。

インフォトップでは商材販売に厳しい審査がある

infotopも創業当時は審査がほとんど無いガバガバ状態でした。

そのため、質の低いぺらっぺらの商材が大量にインフォトップで販売されていました。
インフォトップが詐欺とか怪しいとか言われるのはこの頃の印象が強いのかもしれません。

このままではまずいと思ったのかインフォトップは商品を登録する際に厳正な審査をするようにしました。

私も以前にインフォプレナーとして商品を登録したことがあるので分かりますが、このインフォトップの審査はかなり厳しいです。

特にチェックが厳しいのは商品販売サイトの内容と商材の内容の整合性について、です。

簡単に100万円稼げるとか誰でも痩せられるのような誇大広告となり得る表現はかなり厳しくチェックしていますね。

確か私も5回か6回くらい手直しするように指導されましたね。
メールだけでなく電話でも指導されました。

それくらい、しっかりと人材を使って審査をしています。
この厳正な審査のおかげで創業時当時に比べると信じられないくらい情報商材のクオリティが上がりました。

ですので、インフォトップに登録されている商品はとりあえずの一定水準以上の審査を通っている、と思ってもらって良いです。

商品が届かない等のトラブルに関するサポートは万全

インフォトップに登録している商品は審査のおかげで少なくとも商品本体は確実に受け取れるようにインフォトップがサポートしてくれます。

ですので、商品を購入したのに商品が届かない、というような最悪な事態にはなりません。

カスタマーサポートはメールだけでなく電話対応もしていますので何か不安なことがあれば電話で問い合わすことが出来ます。

購入後のマニュアルや商品のサポート等に関しては全て販売者側の判断次第となりますが、商品自体が届かないという詐欺のようなことはインフォトップでは起こり得ないのでその点は安心です。

インフォトップの実際の評判はどうか?

私自身は購入者としてすでに数十個の商材をインフォトップから購入していますが、インフォトップの対応自体には満足しています。

当然、商材の質はマチマチですし、正直騙されたなーと思う商材もあります。

しかし、これは私個人の感想、感じ方でしかありませんし、商材個別に対しての感想ですからこの点は仕方のないことです。

インフォトップで取り扱っているのは主に情報商材やツールです。

情報商材と聞くといかにも詐欺的な印象があるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。

情報にプラスしてツールであったり販売者のサポートであったりが付属している総合的なサービスと思ってもらえれば良いです。

私が購入したことがあるのは恋愛系商材、アフィリエイト、情報起業を含めたビジネス系、FXを含めた投資系、上達法等のノウハウ系と多岐に渡ります。

販売者のサポートが手厚くて、購入満足度も高かったものも多いです。

恋愛系や上達系のノウハウはノウハウと販売者のサポートの質ともに差があった印象です。

質問しても返事が返ってこないこともあり、そういう商材には正直残念な気持ちになったこともありました。

反対にビジネス系の商材はサポートの質も良くて概ね満足することが多かったですね。

ビジネス系の場合には販売者も専業でやっている方が多いので、意識が高いからだと思います。

商材が詐欺かどうかの判断は購入者次第

情報商材は利用する側の意識でどうとでもなるものです。

例えば、机を購入すればその机自体はとりあえず手元に届きます。

机が多少ガタついても使いにくくても商品が手元に来ているので詐欺だ!とまではなりません。せいぜい、不良品掴まされたなー、くらいだと思います。

これが情報商材になると印象がガラッと変わってしまいます。

こんな情報は知っていたとか、もう稼げる情報ではない、詐欺だ、騙されたとなってしまいます。

そうならないために、購入する商材がどのようなものなのか、どのようなサポートが受けられるのか等を事前に確認することは重要だと思います。

このような質問にしっかり答えてくれない販売者は購入後のアフターフォローも期待出来ないので注意した方が良いでしょう。

インフォトップの商材は一定レベルではあるが駄作もある

インフォトップでは審査をしているので商材のクオリティはある一定のレベルは超えています。

これは商材のクオリティが良いということよりは、販売ページの説明と商品に矛盾が無いということだと考えて下さい。

つまり、正直に言えば、販売ページが簡素であれば商品自体のクオリティやオリジナリティは低いものも審査には通るということです。

ですので、他の人の口コミやレビューを参考にする、販売者に色々と質問をする等して、総合的に購入する価値がある商材なのかを判断した方が良いです。

実際にインフォトップで商品を購入する場合の注意点

商品、商材自体はしっかりと吟味して納得して商品を購入する段階になったとします。

その場合、実際にインフォトップで商品を購入する訳ですが、購入する際の注意点をあげていきたいと思います。

必ず住所まで記入しなければいけない

インフォトップの商品を購入する場合には、買いたい商品の申し込みボタンで同時に会員登録も出来ます。

すでに会員登録済みの場合にはログインすればOKです。

氏名やメールアドレス、パスワードや電話番号等、必要事項を記入していけばOKです。

郵送の必要がない電子ファイル版の商品を購入する際でも必ず住所まで記入しないといけません。

全部の住所を知られたくない場合には番地まで入れなくても登録及び購入自体は出来ます。
(郵送が必要な商品を購入した場合は正確な住所を入れないと商品が届かないので注意です。)

お知らせは必ず外しておくこと

インフォトップからのお知らせ、郵送DM受け取りは両方とも受け取らないにチェックを入れることをお勧めします。

DMや広告が大好物だというならば別なのですが、基本的には売り込みのメールが来るだけなので、正直うざったくなります。
始めは受け取るの方にチェックが入っていますので注意です。

この2つは必ず受け取らないにチェックしておきましょう。

サブのメールアドレスを使う

インフォトップからのお知らせを受け取らないにチェックをしているにも関わらず、インフォトップから広告メールが届くことがあります。

2020年現在では無いかもしれませんが、以前は確実にインフォトップに登録しているメールアドレスは他にも漏れていましたし、インフォトップからの広告メールも多数届いていました。

そのせいで私はメインのメールアカウントを1つ放棄したことがあります。

現在は流石に大丈夫だとは思いますが(少なくとも私のアドレスに変なメールは来ていません)、念の為、メールアドレスはメインのアドレスでは無くて、サブのメールアドレスにしておくことをお勧め致します。

問題は購入した商材のサポートメール等もそのサブのメールアドレスに届くことになりますので、捨てアドではなくて自分が使っているメールアドレスにしておく方が良いと思います。

商材のサポートメールに関しては購入後にメールアドレス変更した旨、販売者に連絡してメインのメールアドレスに移すという手もあります。

いずれにしてもインフォトップの購入者ログインをする場合には、登録したメールアドレスが必要ですからメールアドレスとパスワードはしっかりメモか何かに控えておいた方がよいです。

支払い方法は色々ある

インフォトップでは多彩な決済システムを導入しています。

クレジットカードもVISA、MASTERCARD、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナーズとほぼ全てのクレジットカードが使えます。

銀行振込やコンビニ決済、ビットキャッシュ等の電子マネーもあります。

支払い方法で困ることは無いと思います。
ただ、支払い方法の選択は販売者であるインフォプレナー側で決定出来るので、支払いがクレジットカードだけの場合もあります。

また、高額商品の場合には6回払い、12回払い等の分割での支払いを選択出来ることもあります。これも販売者側のチョイスなので一括払いのみの商材もあります。

インフォトップの評判まとめ

私は10年以上使ってきてインフォトップの対応には非常に満足しています。

肝心の商材については、販売者次第であり、非常に良い教材もあれば正直イマイチなものもあるのが実情です。

それでも質、量ともにinfotopが情報商材ASPでナンバー1なのは間違いありません。

重要なのは本当に自分に必要な教材なのかを判断することが出来る力だと思います。

  • 稼ぐ系の情報商材を購入する際の注意点
  • インフォトップの評判は?詐欺?購入者の視点で厳正にレビュー
  • アドモール(情報商材ASP)の評判と実態を徹底解説
おすすめの記事
情報商材アフィリエイト
有料の商材を買おうか迷っている場合には、まず、その情報商材がどのようなものなのかを把握することが重要です。 大きく分けると情報商材とツールの...
情報商材レビュー
今回はリライトツールのレビューです。 MCS(ミリオネアクリックシステム)というものです。 リライトには大きく分けると2種類あります。 1...
情報商材レビュー
まず、sirius(シリウス)は上位版と通常版でも、 同じテンプレートを使うことが出来ます。 そのため、上位版を使えばテンプレートが被らな...